2013年12月04日

国際流動性 / 準備ポジション / 金廃貨

○国際流動性
└各国の通貨当局が対外支払準備として保有する流動資産のことで、対外準備ともいう。内容としては、(1)金、(2)外貨、(3)IMFにおける外貨ポジション{IMFからの無条件引出可能額}、(4)SDR{IMFから割り当てられた特別引出権}からなると考えられている。国際流動性が不足した場合は、国際貿易拡大の阻害要因となるおそれがあり、上記のSDRは、こうした問題意識から1970年に創設された。

○準備ポジション
└IMF一般勘定の運営ルールに則って、各国が無条件に引き出すことのできる外貨の総額を表している。

○金廃貨
└1978年4月1日に発行したIMF協定第2次改正により、金はIMF協定上では主要な準備資産ではなくなり、金の廃貨が決定された。

posted by ちくわ at 19:42| 国際・金融・経済用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IMF平価 / 外貨準備

○IMF平価
└IMF加盟国の通貨の旧国際交換比率。金(金平価)または米ドル(ドル平価)で表示された。1971年の米国の金ドルの交換停止により意義を失い、ついで1978年に発行したIMF協定によるフロート公認とともに平価制度は廃止された。

○外貨準備
└ 一国の通貨当局が国際収支の赤字を決済し,または外国為替市場へ介入するために容易に利用できる流動的な資産をいう。IMF(国際通貨基金)の統計では国際流動性international liquidity,また日本の統計では外貨準備高と呼ばれ,概念的には同じものであるが,通貨当局の金保有分の評価のしかたにより計数が異なることがある。外貨準備に含められる金融手段は,通貨当局が使用の必要を感じた際に直接的かつ効果的に管理できる現存の資産に限られ,通貨当局の保有する金および外国為替と,SDR(IMFの特別引出権)保有額ならびにIMFにおける準備ポジションを計上するのが普通である。



posted by ちくわ at 19:37| 国際・金融・経済用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

基軸通貨 / 複数基軸通貨体制 / 3極通貨体制

○基軸通貨
└国際間の決済や金融取引に広く使用される通貨のこと。一般的に現在では米ドルを指す。「基軸通貨の条件」としては、@国際間の貿易、資本取引に広く使用される決済通貨であること、A各国通貨の価値基準となる基準通貨であること、B通貨当局が対外準備資産として保有する準備通貨であることがある。また、「基軸通貨としての機能」を果たすには、@通貨価値が安定していること、A高度に発達した為替市場と金融、資本市場を持つこと、B対外取引規制がないことが必要とされる。

○複数基軸通貨体制 / 3極通貨体制
└21世紀には、世界経済にはドル通貨圏、ユーロ通貨圏、円を中核とするアジア通貨圏が形成され、複数の基軸通貨が存在する状況ができるのではないかという見方。

posted by ちくわ at 19:32| 国際・金融・経済用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

表示通貨 / 決済通貨 / 媒介通貨 / 資産通貨 / 公的基準通貨 / 介入通貨

○表示通貨(契約通貨)
└商品・サービス取引や資本取引の売買価値あるいは債務の大きさを示す計算単位の役割を果たす。

○決済通貨(取引通貨)
└国際間の取引決済に用いる通貨。多くは米ドルのような国際的に信用度の高い通貨が使用される。

○媒介通貨
└貿易取引、資本取引、為替取引において3国間の取引を媒介する通貨という意味。

○資産通貨
└運転資金の保有あるいは投資資金の運用に使われる通貨のこと。

○公的基準通貨
└平価(ないし中心レート)を設定する際の基準となる通貨のこと。

○介入通貨
└各国の通貨当局が外国為替市場に介入する際の使用する通貨のこと。


posted by ちくわ at 19:29| 国際・金融・経済用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

流動性 / 信認 / 調整

○流動性
└国際間の各種経済取引の決済手段として一般的に受領され、また将来の対外決済のための準備として保有される流動資産で、そうした流動資産が世界経済の順調な発展を可能とするよう十分に供給される必要があること。

○信認
└国際決済手段かつ準備資産の供給は、主としてその時々の中心的国際通貨(基軸通貨)によってなされている。必要な量が確保されるのみならず価値の安定について国際的な信頼が維持されねばならないこと。準備資産に対する信認。制度全体の安定性に対する信認。

○調整
└国際収支不均衡が生じた場合にそれを調整するメカニズム(あるいは是正措置の採用を促す制度的枠組み)が備わっているかどうかを調整。

posted by ちくわ at 19:20| 国際・金融・経済用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月25日

予想収益率(期待収益率) / インカムゲイン / キャピアルゲイン

○予想収益率(期待収益率)
└投資を実行する際に平均的に期待される収益率のこと。不確実性(リスク)は考えずに期待される収益の加重平均で計算される。投資をする際にはこれに加えてリスクも考慮しなければならないため、予想収益が同じ場合リスクの低い案件が好まれる。逆にいえば、リスクの高い案件には高い予想収益率を求められるため、要求収益率とも呼ばれる。

○インカムゲイン / キャピタルゲイン
└債券や株式を保有することによって得られる利益をインカムゲイン、手放すことによって得られることをキャピタルゲインと呼ぶ。

posted by ちくわ at 01:23| 国際・金融・経済用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。